ヤマツツジ

0CCF9728-F0BB-46F3-88FB-3B6262E9A88F_1_105_c.jpegD645D05A-F695-4B7F-AABF-A16EF6EFDF24_1_105_c.jpeg89DAEFD6-BF24-4662-A285-962C26025A6E_1_105_c.jpeg
posted by coichi at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節の植物

LOTTE Ghana Black Chocolate

26年勤めた地元の消防団を退職した記念に、団長さんからいただいた。初めて口にするブラックチョコだが、全く苦味がなく、クリーミーな食感に驚いた。こんなブラックもあるんだと。普通のチョコに比べると、手に持った時、ずっしりと重く感じる。たっぷり包装されているわけだ。美味しいブラック発見、団長さんありがとうございましたと、感謝、感謝。79CC18DD-CA49-4DAB-BB40-03CF1453408E_1_105_c.jpeg

2021年03月09日

キウィイ

名古屋製酪の商品で100%の粒具合
が嬉しい。味、香り共に very good!
販売価格は90円(税抜き)。B0D080DD-9B11-4A98-8002-03464692BAE8_1_105_c.jpeg
posted by coichi at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ペットボトル飲料

沈丁花(じんちょうげ)

香りが季節感を感じさせる花。
ACBEE93A-F7C4-48C3-9FE4-6CF2E4428659_1_105_c.jpeg
posted by coichi at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節の植物

ぶりかま

今日のは今までで最高に大きな部類に属するカマだ。
朝11時に入店して、棚に並んでいる2つのパックのうちの一つを購入したところ、
家で醤油にしたそうとして判明したのは、余りに大きくてお皿では無理なので
大きめのボールで醤油漬けにした。このデカイのが2つで580円だった。
一つは今夜の夕食で、もう一つは明日の夕食でいただく予定。
切り身なら2切れ300円〜400円はするので、このカマの場合、
一つで300円弱という安さ!美味しくて、しかもお値打ちでしたぞ!
D98C4311-3D0F-45B0-AFAE-17725ADE0179_1_105_c.jpeg
posted by coichi at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 我が家の自慢料理

パリに生きる女たち

『パリに生きる女たち』
La Vie de Femme a Pari.
秦 早穂子 著
時事通信社 刊
78445F84-C260-4963-8587-431A18A87116_1_105_c.jpeg
色々なタイプの女性がパリで活躍している様子をドキュメンタリータッチで紹介している。
女優、ファッションデザイナーが圧倒的に多数を占める中で、本書の後半に登場する『洗濯屋さんの女性』が、一番面白かった。
posted by coichi at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる本

2021年03月02日

ちょっとキザですが

『ちょっとキザですが』
磯村尚徳 著
講談社 刊
昭和50年11月15日 第1刷発行
昭和51年01月24日 第4刷発行
1976年2月14日名古屋市中村区柳橋文化書房にて購入
2021年2月22日初読日
2021年3月02日終読日
F0B17940-EA24-40D2-8320-D93AECAB344C_1_105_c.jpeg
45年前に購入した本を読んだ。
購入した時は、タイトルの『キザ』の文字が目について、何となく敬遠していた。ふとしたことで今回45年ぶりに読み始めたところ、これが、無性に面白い本だと分かった。購入当時気になった『キザ』の影など全く感じないで全編読破した。磯村さんがとてもフランス贔屓なのが無性に同感できた。この本で一番勉強になったところは、フランス語を流暢に喋るには、簡単な会話をたくさん覚えること、という話。確かにそうかもしれないと思った。フランス映画を見ていると、あちこち自分でもわかる会話場面に出くわすが、そんな時、あ、これなら自分でも解説なしで分かる、話せる、と思う瞬間がある。それでいいなら、ちょっとだけ話してみようかな?と思えてきたから不思議だ。

posted by coichi at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる本