2020年03月29日

日本社会の歴史(下)

『日本社会の歴史(下)』
網野善彦 著
岩波新書 赤版502
DSC07713.JPG

 (上)(中)(下)あるこのシリーズ本の中では、この本が一番ページ数が少ない。(上)(中)刊で見いだされたような、自分なりの疑問点、再発見したところも全くなかった。それまで割と横道にそれて提出されていた話題も全くなく、室町時代から一気に南北朝時代、桃山時代、江戸時代に話が進み、明治から大正、昭和は駆け足というより逃げ足と行った方が良いくらい話題も何も提出されていない。あちこちで何度も語られる、『百姓』が『農民』だけではなく、漁撈民、採集民、養蚕、陶芸、家具職人など、およそ百の職業を指すという意味合いが本来あった言葉なのに、明治以降の日本史教科書の中では、主に『農民』を指す言葉に変化しており、現代の教育者の中には、ほとんどが百姓イコール農民と考える学者が多い現状を憂える、網野先生の言葉が繰り返されていることが紙面をとおして、充分に感じられた唯一の感想である。

posted by coichi at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本古代史

2020年03月27日

日本社会の歴史(中)

『日本社会の歴史』(中)
網野義彦 著
岩波新書 赤版501

 日本の古代史を勉強するつもりだったのに、このシリーズは(上)(中)(下)があり、必然的に前書を終えると(中)へとつづくことになり、やや食欲不振ながら手を付けることになった。
 ほとんど興味の無い話が続く中で、おやと思える拾いものに出会うことが出来た。まず一つ目は常滑焼きの話。1126年に奥州藤原氏が平泉に居館をおき、中尊寺を完成させ、東北の一部に日本の中都市を成立させた。その成功の裏には太平洋を北から南に自在に航海し異国との貿易を行って財を蓄えた。その証拠として中部地方の常滑焼きが発見されているという(p.68~69)。
 二つ目には、12世紀になり、九州、肥前松浦では『松浦党』と呼ばれる海の領主たちの会場活動がさかんにみられ、宋人と結ばれる人も出てきた、という。これを読むと、呼子の松浦漬を思い出した。鯨の骨の酒粕漬だが、日本人ばなれした食品で、原料は鯨である。中国からの入れ知恵があって出来上がった商品かも知れない。この地の人々は海洋活動なども独特さがあるところから、どうやらこの時代に起源を持つと考えられそうである。
 三つ目は、14世紀には『北条氏得宗は、薩摩の要港坊津をはじめ口五島・七島とよばれた喜界島、奄美大島、永良部島、徳之島などの地頭職を掌握し、代官に海洋的性格をもつ被官、尾張の千𥧄(ちかま)氏を置いて南の境界をおさえていた。』(
p.158~159)。
名古屋市南区には現在も千𥧄通りがあり、そのむかし、製塩業をしていたグループがあるという。その名古屋出身のグループがなんとこのような日本の南の端の海洋に迄出かけていて、海の代官をしていたとは、想像出来ない活躍ぶりに随分驚いた次第だ。
DSC07720.JPG


posted by coichi at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本古代史

2020年03月10日

日本社会の歴史(上)

『日本社会の歴史(上)』
網野善彦 著
岩波新書赤版500

DSC07715.JPG

 新年早々読んだ田中英道さんの数々の本には、『卑弥呼』だの『邪馬台国』だのといった、いわゆる三国志に書かれた内容の事実は存在しなかったので、三国志から日本史を考えるのは間違っていると教えられたものだから、この『日本社会の歴史(上)』の最初の方で、『卑弥呼』、『邪馬台国』について、早速、その三国志を有意義に指導的教科書的にとらえて、しかも、事実として日本史の中に紹介している著者には驚いてしまった。正直、網野さんの書物は当てにならないぞ、と直感的にとらえてしまう。

 しかし、ほうぼうに網野さんらしい、今迄の歴史本にない記述があって、それはそれ、これはこれ、として、新たな発見もあり、楽しく読み進んだ。特に、長岡京造営の際の記述に、『近江、河内には、桓武(かんむ天皇)の母と血筋を同じくする朝鮮半島からの移住民が非常に多く』(P.169)とあるように、韓国系の移民がこの地方に多いことと、近江の鮒寿司、水稲栽培の普及、近江商人などを思わず類推してしまった。

 さらに、古代イスラエル人の移民団として、秦氏を考えている、田中英道さんの考えと不思議に重なる次の文章が面白い。
『新京(平安京)の造営は、藤原氏式家の出身で移住民秦氏の母をもつ藤原種継を中心に・・・』(P.169)。
東映太秦撮影所の秦は同じ秦氏の住処を表すらしいところがなかなかスリリングだ。

 また、桓武天皇が東北地方の敵対する住民に対して手を焼き、関東に住まいするすこぶる軍部に強い勢力を味方につけて之を成敗するという内容で、次の文章も田中さんの本と共通する要素で面白かった。『桓武は鹿嶋社の「神賤」(しんせん)を軍団に加えている。神の奴婢ともいうべき「神賤」は、俗人の奴婢ではなく、神の権威を背景にした有力者で、平民よりも武勇にすぐれており、強力な軍事力になったのであるが、・・・(P.172)』。

 関東地方にある鹿島神宮には勝利を祈るスポーツ選手たちのお参りが多いという、田中さんの本にもあるように、ここでは、鹿島大社に付属する軍事力を遠くは慣れた近畿の天皇が利用していることが新しい発見であった。

 西日本と東日本の統一がなかなかまとまらない背景のひとつには、民族的な違いが想定出来るかもしれない。それはつまり、近畿の朝廷を形成している朝鮮半島由来の貴族グループと、東北での文化を形成するモンゴル的集団という対比構造ともいえる。この構造をよく表しているのが次の文章になる。『最近の発掘調査によって、東国には西日本と異なる製鉄技術があったことが明らかになっているが、それが北方から伝わってきた可能性もあるといわれており、古くから西日本とは社会の体制が異なっていた東北・東国には、こうした鉄と馬を基盤とする強力な武装集団が育っていたと考えられる』(P.203)。

posted by coichi at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本古代史

2020年02月02日

新しい日本史観の教科書

DSC07691.JPG
『新しい日本史観の教科書』
田中英道 著
ビジネス社 刊

 現在の中学校で習う日本史の教科書について、田中さんはマルクス主義に満ちた左翼の信者先生らによって書かれた極めて日本の本質から乖離した教科書になっていると糾弾している。この本はせめて一般人の我々日本人が、普通に勉強して身につける内容の日本史教科書にしましょう、ということを提唱している。なんとなれば、中学を卒業し、高校生、大学生、社会人になった日本人の多くが、われわれ日本人の歴史としての日本史について、あまりにも感心がなく、当然知識もなく、興味もない人が多すぎるのは、そもそも中学校で習う日本史の教科書の中身が左翼思想をもとに出来上がっており、天皇制、儒教、仏教、武士道などからの影響で出来上がった本来の日本史をゆがめて書かれているので、生徒に興味を抱かせない内容になっているのが原因だとしている。

 では、なぜそんな偏った教科書になっているかといえば、その教科書を書く著者、教科書の編集者や出版社、さらに教科書を使って教える教職員らがいわゆる日教組という組織で固められ、学生に日教組中心の史観を教えている実態を紹介している。今思えばとてもつまらない授業だったことしか思い出にないが、中学のみならず高校生時代の教科書も勉強する気になれなかったのは、そうした偏向教育のせいだったようだ。

 田中さんはヘーゲルの哲学、ランケの世界史、マルクスの経済学などが、まったく日本の歴史実情に合わなかったにも拘らず、明治から昭和にかけて、そうした西洋の先哲の勉強を開始した人々が、東京大学を卒業したあと、海外留学でさらに深い勉強を開始し、日本に戻ってからは、西洋思想にもとずいた歴史観で日本史を批判的に記述したことが今日の日本史教科書を形作る原因になっているという。西洋思想とは、もともとヨーロッパに根付いているキリスト教教王を主体とする宗教、さらに国の政治を代表する皇帝という二つの大きな歴史的組織が、そもそも日本の土壌には無かったものなので、その西洋思想から生まれた階級闘争的な思想は日本の歴史史観には合わないという主張がしっかり何度も言及されて行く。だからもうそろそろ、日本の中学校の教科書の間違った部分は書き換えましょうという主張につながる。

 では、具体的にどういう風に教科書を書き換えるべきなのか?312ページに次のような解釈がある。『ランケの場合、歴史は、事象とその推移を見るとき、当然、推移する事象が中心で、人間はその展開を推進したり阻止したりする限りで考察の対象となる。これに対してブルクハルトの場合は、「ギリシア的人間」というように、ある歴史的時代の人間が主題に置かれ、事象やその関連はこの人間の歴史的特性とその奥にある普遍人間的なものを照らし出すという視点から選択されるのである。』

 なかなか難しい表現なので、作者が何を言いたいのかよくわからなくなってくる。
私的に意見を述べるなら、この10年くらい前に話題となった『銃・病原菌・鉄』の作者、ジャレッド・ダイアモンドの文明論を引き合いに出してみたらどうか?ということだ。

 田中さんは日本はあくまでも西洋思想、西洋哲学、西洋史主体の考え方ではまとまらない国家だとお考えのようで、天皇、国家神道が日本をまとめあげているという主張のようだ。ならば、国粋主義者、右翼、といわれようが、そのようにはっきり発言されたほうが、われわれ読者には理解が早いように思われた。
posted by coichi at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本古代史

2020年02月01日

日本国史

DSC07695.JPG
『日本国史』
田中英道 著
育鵬社 刊

『発見ユダヤ人埴輪の謎を解く』の作者、田中英道さんの2冊目の本だ。
きっとユダヤ人が日本史にどう関わって来たかをいろいろ解説しているものと思い込んで読んでいたら、全くユダヤ人は登場してこなかった。普通に日本史が書かれているって感じだ。強いて言えば、国家神道について肯定的な記述となっていて、天皇の意味、由来についても少し立ち入って書かれてある。
 明治時代から昭和時代にかけては、日清戦争、日露戦争、第一次世界大戦、第二次世界大戦があったけれど、世界の特に、西欧列強がアジアの植民地化を計る中で、日本が一方的に中国、朝鮮、満州、台湾を占領統治したのではなく、裏で強力な経済力を背景にユダヤ人資本が動いていたこと、特に第二次世界大戦の挑発は、日本のパールハーバーへの攻撃が最初だったように書かれる歴史だが、実は、OSSというスパイ組織が巧妙につくりあげたシナリオに日本が乗った結果だった、という説明(p.281)は、初耳ではないけれども、そうだったのか!という驚きもあった。
posted by coichi at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本古代史

2020年01月28日

『「日本」とは何か』

「日本」とは何か
網野善彦 著
講談社 日本の歴史00

 日本は西と東に分かれる文化が存在する。
日本の中央政府に対して、地方の文化がかなりしっかりしているので、山地と海岸とでは、それぞれ独自の文化を育んで来た。
いわゆる百姓とは農民ではなく、農耕民、木こり、漁撈民、山菜収穫者、素潜り、養蚕業、茶畑、酪農、などさまざまな業種を指している。
海を通じて日本と世界がつながっている。
日本は1300年以降に天皇を中心にして国としてまとまってきた。
など、昭和30年〜40年に中学校で習った内容とは随分異なる内容に一歩踏み込んでいる。
機械的に縄文時代、弥生時代、古墳時代、飛鳥時代、奈良時代という時代区分で日本史を語る方法はなくなり、
地方別、機能別にくくる内容を分けて考えようとしている。
日本史のくくりから、アイヌや沖縄を除こうという考え方をしている。
こうした歴史観はまだ始まったばかりで、著者の希望はあっても、混沌としており、日本史を研究する人の方向性を打ち出したばかりで、結果に結びついていない。
地方に眠る郷土史の資料の中から、これまでに見いだされてこなかった貴重な資料を大切にひも解こうとする意識が感ぜられる。DSC07685.JPG
posted by coichi at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本古代史

2019年01月23日

町の歴史

IMG_2063.jpgIMG_2066.jpg


IMG_2073.jpgIMG_2072.jpgIMG_2071.jpgIMG_2060_2.jpg

津市内には、このような旧の町名を書いた石柱がアチコチにみられる。
横に書かれた解説を読むと、この町の歴史に触れる事が出来る。
続きを読む
posted by coichi at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本古代史

2018年06月12日

神々の流竄(るざん)

『神々の流竄(るざん)』
梅原 猛 著
集英社文庫 刊

 この本は梅原先生の『葬られた王朝』の予備講にあたる本である。
『葬られた王朝』では、八岐大蛇は日本の越の国、『新潟』『金沢』『福井』などからやってくる中国籍の渡来人と欠かれている一方で、『神々の流竄』では、八岐大蛇とは三輪山のことで、背中に松、杉、檜がある龍とは奈良の三輪山のことだと解釈している。
 また、『神々の流竄』では、出雲王朝の滅亡について、大和政権から追放された王族が、出雲に追いやられたと解釈している。
あとから書かれた『葬られた王朝』では、もともと出雲にあった王朝が、大和を征服しようとしたが、反対に大和の王朝に征服されたと解釈している。

 同じ著者による同じ内容についての考察だが、結論的にはかなりの相違を見る。
これは梅原先生の着想時に書かれた本が『神々の流竄』で、
のちに現場への考古学的アプローチを重ねた結果出来上がったのが、『葬られた王朝』であると知れば納得できる。

 梅原古代学の熱気あふれるこの本が、最も根幹とする意見は、『古事記』と『日本書紀』の著者は同じ人物であり、
古事記の作者とされる稗田阿礼(ひだのあれい)とは、ずばり、当時の政権保持者、藤原不比等(ふじわらのふひと)であると名言している点だ。
posted by coichi at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本古代史

2018年06月04日

梅原 猛 日本仏教をゆく

513H6CQ594L._SX332_BO1,204,203,200_.jpg
『梅原 猛 日本仏教をゆく』
梅原 猛 著
朝日新聞社 刊

 日本に仏教を布教した高僧の数々をエピソードを交えて紹介している。私が興味を抱いたのが、3名の人物。
一人目は奈良の大仏の門に立つ仁王像を作成した運慶。直立ではなく体をひねり立つ姿と他の追随を許さない顔の表情が最高と信じている。この運慶の像が、なんと岡崎市の滝山寺で拝観出来るという。像の名は聖観音立像(しょうかんのん)、梵天立像(ぼんてん)、帝釈天立像(たいしゃくてん)。時間をみつけて出かけてみたいものである。
二人目が、利休。お茶の創始者だ。彼がつくった茶室を別名『山里(やまざと)』と名付けたという点が、たいへん気になる。
三人目が宮沢賢治だ。今迄は単なる東北出身の童話作者だと思っていたところ、彼は浄土真宗からみずから日蓮宗に改宗したという点が気になった。さらに梅原先生は、鈴木大拙と宮沢賢治の二人を賞賛して、「二十世紀の日本に出現した最大の菩薩である」と表現しているのである。賢治の研究に及ぶべきかな?
続きを読む
posted by coichi at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本古代史