2020年01月28日

『ロートレックの謎を解く』

DSC07686.JPG
『ロートレックの謎を解く』
高津道昭 著
新潮選書

 36歳の若さで亡くなる迄、貴族でありながら両足の骨折のために身体不自由児として、心労を重ねながら絵画制作、ポスター制作に打ち込んだ若き天才芸術家の生涯を描いている。30歳歳上のドガを師匠として崇めつつも、ドガからは何の賞賛めいた言葉を受けずに死んで行ったロートレック。短くも充分に内容のある生涯を、著者独自の視点から観察する。
 ますますロートレックが好きになる一冊。
posted by coichi at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸術
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187094370

この記事へのトラックバック