2020年02月02日

新しい日本史観の教科書

DSC07691.JPG
『新しい日本史観の教科書』
田中英道 著
ビジネス社 刊

 現在の中学校で習う日本史の教科書について、田中さんはマルクス主義に満ちた左翼の信者先生らによって書かれた極めて日本の本質から乖離した教科書になっていると糾弾している。この本はせめて一般人の我々日本人が、普通に勉強して身につける内容の日本史教科書にしましょう、ということを提唱している。なんとなれば、中学を卒業し、高校生、大学生、社会人になった日本人の多くが、われわれ日本人の歴史としての日本史について、あまりにも感心がなく、当然知識もなく、興味もない人が多すぎるのは、そもそも中学校で習う日本史の教科書の中身が左翼思想をもとに出来上がっており、天皇制、儒教、仏教、武士道などからの影響で出来上がった本来の日本史をゆがめて書かれているので、生徒に興味を抱かせない内容になっているのが原因だとしている。

 では、なぜそんな偏った教科書になっているかといえば、その教科書を書く著者、教科書の編集者や出版社、さらに教科書を使って教える教職員らがいわゆる日教組という組織で固められ、学生に日教組中心の史観を教えている実態を紹介している。今思えばとてもつまらない授業だったことしか思い出にないが、中学のみならず高校生時代の教科書も勉強する気になれなかったのは、そうした偏向教育のせいだったようだ。

 田中さんはヘーゲルの哲学、ランケの世界史、マルクスの経済学などが、まったく日本の歴史実情に合わなかったにも拘らず、明治から昭和にかけて、そうした西洋の先哲の勉強を開始した人々が、東京大学を卒業したあと、海外留学でさらに深い勉強を開始し、日本に戻ってからは、西洋思想にもとずいた歴史観で日本史を批判的に記述したことが今日の日本史教科書を形作る原因になっているという。西洋思想とは、もともとヨーロッパに根付いているキリスト教教王を主体とする宗教、さらに国の政治を代表する皇帝という二つの大きな歴史的組織が、そもそも日本の土壌には無かったものなので、その西洋思想から生まれた階級闘争的な思想は日本の歴史史観には合わないという主張がしっかり何度も言及されて行く。だからもうそろそろ、日本の中学校の教科書の間違った部分は書き換えましょうという主張につながる。

 では、具体的にどういう風に教科書を書き換えるべきなのか?312ページに次のような解釈がある。『ランケの場合、歴史は、事象とその推移を見るとき、当然、推移する事象が中心で、人間はその展開を推進したり阻止したりする限りで考察の対象となる。これに対してブルクハルトの場合は、「ギリシア的人間」というように、ある歴史的時代の人間が主題に置かれ、事象やその関連はこの人間の歴史的特性とその奥にある普遍人間的なものを照らし出すという視点から選択されるのである。』

 なかなか難しい表現なので、作者が何を言いたいのかよくわからなくなってくる。
私的に意見を述べるなら、この10年くらい前に話題となった『銃・病原菌・鉄』の作者、ジャレッド・ダイアモンドの文明論を引き合いに出してみたらどうか?ということだ。

 田中さんは日本はあくまでも西洋思想、西洋哲学、西洋史主体の考え方ではまとまらない国家だとお考えのようで、天皇、国家神道が日本をまとめあげているという主張のようだ。ならば、国粋主義者、右翼、といわれようが、そのようにはっきり発言されたほうが、われわれ読者には理解が早いように思われた。
posted by coichi at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本古代史

2020年02月01日

日本国史

DSC07695.JPG
『日本国史』
田中英道 著
育鵬社 刊

『発見ユダヤ人埴輪の謎を解く』の作者、田中英道さんの2冊目の本だ。
きっとユダヤ人が日本史にどう関わって来たかをいろいろ解説しているものと思い込んで読んでいたら、全くユダヤ人は登場してこなかった。普通に日本史が書かれているって感じだ。強いて言えば、国家神道について肯定的な記述となっていて、天皇の意味、由来についても少し立ち入って書かれてある。
 明治時代から昭和時代にかけては、日清戦争、日露戦争、第一次世界大戦、第二次世界大戦があったけれど、世界の特に、西欧列強がアジアの植民地化を計る中で、日本が一方的に中国、朝鮮、満州、台湾を占領統治したのではなく、裏で強力な経済力を背景にユダヤ人資本が動いていたこと、特に第二次世界大戦の挑発は、日本のパールハーバーへの攻撃が最初だったように書かれる歴史だが、実は、OSSというスパイ組織が巧妙につくりあげたシナリオに日本が乗った結果だった、という説明(p.281)は、初耳ではないけれども、そうだったのか!という驚きもあった。
posted by coichi at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本古代史