2018年07月31日

論理的思考力を鍛える33の思考実験

北村良子 著
『論理的思考力を鍛える33の思考実験』
彩図社 刊

 この本の半分は理解が簡単に出来るものばかりだったが、
その半分以降は、すべて、からくりに翻弄され、違う答えを
出してしまう結果になり、いらいらさせられた。

 小学生、中学生の当時、算数の応用問題に
ことばのたくみな並べ方で、答えの導き方を
間違えたことを思い出す。

 例えば、主語と述語と目的語があり、
では、問題です。とあり、
その場合に、・・・ではない、・・・は
いくつになりますか?的な設問である。

 文章を、肯定文から否定文にする時、
それは、単に反対になることを意味するだけではない。
充分に注意してかからないと、間違った答えを
してしまう。

 この本は、33の思考問題のうち
17の問題で、そうした応用問題的に
問題の主意をきちんと把握する大切さを
口をすっぱくして説明している。
続きを読む
posted by coichi at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 昭和時代の思い出